名刺作成とワードの使い方に関して

ビジネスマンの必須アイテムと言えば、名刺ではないでしょうか。受け取る側に自分を知ってもらう術として有効ですし、保管しておくことで有事の際にも安心感があります。印象に残る一枚に仕上げることで、新たなビジネスチャンスにも繋がるのではないでしょうか。名刺作成は業者に依頼するものと先入観を持っている方もいますが、ワードを使うと自宅でも同じように仕上げることが可能です。 名刺専用の用紙が電器店で売られていますし、自宅で作成することで費用を大幅に抑えることが出来ます。文字数はもちろんですが、写真やイラストを挿入出来ることも魅力ではないでしょうか。用紙は様々な材質が販売されていますし、個性を出すには色々と試してみるのが一番です。ワードには奥深い機能があり、名刺作成に十分な役割を果たしてくれます。ライバルに差を付ける一枚で、超一流を目指して下さい。

名刺作成はパソコンにあるワードでも作ることが

自分自身の名刺を作成するのであれば、自宅にあるパソコンに、ワードソフトが入ってれば、名刺作成することが可能です。仕事で使うのであれば、きちんとした名刺を作成してくれる所に頼むことが大切ですが、お友達同士で交換しあうのであれば、ワードの機能を使って作成を楽しむことが出来ます。手順としては、名刺用の用紙を準備しておき、パソコンの設定の所で、名刺サイズに合うように設定することです。これが出来ないと先に進めないので、設定せずに進めることがないように気を付けることです。ここで入力したものは、名刺サイズで印刷されるので、文字が小さくなりすぎないように注意することですね。カラーを使うことで明るい感じになります。印刷面を上にして、プリンターにセットする前に普通の用紙で印刷してみることですね。綺麗に印刷出来れば、本印刷されることです。名刺用紙には、切れ目の所にミシン目があるので、印刷がずれないように注意することです。印刷されたものを切り離せば完成です。とても夢中になるので、時間があっと言う間に過ぎます。

自分で名刺作成する際、ワードを使います

自分で名刺作成したい方は、ワードを使用します。作成方法としては、用意した名刺の用紙にあうサイズの枠を用意します。名刺の用紙は家電量販店などで購入することが出来ます。枠の設定が済みましたら、デザインを考えます。まずは、ひとつの枠にデザインを入力し、その後、残りの枠にコピーしていくという作業になります。名刺にのせる情報としては、会社名、住所、電話番号、名前、役職などが一般的です。最近では、メールアドレスが載っていることも多いです。メールアドレスを載せていると、後々便利な場合があります。文字の色や素材の色味を変えるだけで、イメージが変わるので、自分のイメージに合ったものに設定します。デザインが決まったら、印刷します。印刷後は、用紙に入っているミシン目にそって折ると、簡単に切り離せるようになっています。